成果を上げるために実行すること

Pocket

今日は成果を上げるために実行することについて書いていきます。

何度も似たような話を取り上げていますが、基本的には成果が上がらないと悩むこと自体が間違っています。何かをサボっているから成果が出ていないのです。

つまり、成果が上がっていないから何をすれば改善されるのかを考えなくてはなりません。

そのために何をすれば良いのか?Webだから〇〇と考えるのではなく、実店舗ならどうするのかと置き換えてみるとわかりやすいでしょう。

あなたは「木を見て森を見ず」という状態になっていませんか?

例えば、家を建築するとき、途中の段階で成果が上がらないなぁと感じるでしょうか?

おそらく感じないと思います。なぜなら、作業した結果が目に見えるからです。
作っていった所はどんどん仕上がっていきますよね。素人でもわかります。

木を見て森を見ずという言葉がありますが、Webで成果が出ないと考える方はまさにこの言葉どおりです。

例えば、作ったら満足して集客の施策をサボったり、SEOのテクニックについて知ったら、そのことばかり考えて一番大切な作ることを止めてしまう等。

当然、集客できなければ売れない
当然、売るための商品が並んでいなければ売れない

PDCAサイクルが回っていないのです。何かを計画したら次は実行までやり切らないとダメです。

いやいや、集客もした、商品も並んでいるということであれば、商品が訪れたお客様のニーズに合っていないかセールスの文章が悪いのでしょう。

ウェブページは接客と同じです。
ジュエリーショップでアクセサリーを売ることを考えてみてください。

お金持ちの人は高級ブランドで買い物をしますが、そうでない人は覗くだけということもあります。高級ブランドならお金持ちを集客すべきだということです。これがニーズの合致です。

また、優秀な販売員を立てるのか、できないアルバイトを立てるのかはあなた次第です。ウェブページなら自分で作るのでどんな風にでもできます。

優秀な販売員は適切な質問をして、何を買うか検討がついていない方にはオススメを提案したり、どちらにするか迷っている方には最後の後押しをしたりして、お客様のニーズに合ったものを提案します。

集客しないと販売員がいくら良くても売れません。
商品がなければそもそも販売員がいりません。
商品がお客様のニーズに合っていなくても売れません。

これらが当然だと思えたら、改善すべきことが発見できるのではないでしょうか?

何をすれば良いかわからないときに確認すべきこと

マルチタスクは非効率なので、課題を全て洗い出し、優先順位を立てて、今日は作る日、今日はSEOの日というように1つずつ課題を解決していきましょう。

この記事が気に入ったらシェアしてください

Pocket

Social tagging:

Comments are closed.