うまくいっている人は続けた人

Pocket


こんな言葉を聞いたことがありますか?
「すぐにあきらめる人は絶対に勝てない。勝者は断じてあきらめない」
でも、人間は皆すぐにあきらめる弱虫です。それに気づくのが早いほど良いのです。それに気づけば克服することに取り組めるからです。

私も何度失敗してきたかわからないほど失敗してきて、人に恵まれて良いことがあったにもかかわらず、思いつくアイデアが失敗ばかりで自己嫌悪に陥ってやめようと思ったこともありました。

しかし、続けていくうちにアイデアが人が求めていることとマッチして、うまくいくことが増えてきました。
大切なのは今うまくいっている人も時にはやめたいと思う普通の人ですが、その気持ちの対処ができるということです。

なぜこんな話を書いているのかというと、あなたもやめたくなることがあるかもしれないからです。

ブログ集客だったり、SEOだったり、今何かがうまくいっている人はずっと続けている人です。

1つの案が失敗しても別の案を考えてまた試せば良いわけです。死に物狂いでやっていると何かしら思いつくので、何も思いつかない人はもう少し必死に取り組む必要があるはずです。

1つ失敗しても、死ぬことと比べると全然大した問題ではありません。
株などで損切りという考え方があるように1度で大きく失敗したり、何度も同じ失敗をするのはダメですが。。

スティーブ・ジョブズのアップルも長い間マイクロソフトと比較され、負け犬だと言われていました。

Googleのメガネ型デバイスも失敗だったと認めましたし、
SF映画に出てくるような未来では当たり前のものでも現代では合わないという問題もあったりします。でも、また時期を改めたり、形を変えて出してくると思います。

SEOでは最初に選ぶキーワードが大切ですが、選んだキーワードの集客力が予想と違っても、また別のキーワードを選んでやり直せば良いのです。

子供が自転車に乗れるようになるように、続けていけばどうやったときに失敗したかを覚えていますから、自然と失敗確率が低い戦略を取れるようになっていきます。

成果が出るまで辛抱強く行動し続けることが大切です。

Pocket

Social tagging: