うだうだ言わずにやりきろう

Pocket

先月私は新たなマネタイズの方法を求めていろんなサイトを調査し、これならいけそうだと思える方法を見つけたので2週間ほど実験をしていました。

新たな試みで成果も出るかわからなかったのでやってて見込みがなく辞めようかと思うときも頻繁にあったのですが、以前も「生産的な活動をするということ」という記事で書いた通り、「gdgd言ってないで黙ってコード書けよハゲ」の精神で、とにかくやり切ることだけを目標にして集中したのです。

それで、成果が出たのか?

やっている最中もやり終えてからの2週間も成果が出ていませんでした。

しかし、つい先日成果が出ていたのを確認しました。小さな金額でしたが、成果が出ないのと比べると大きな前進です。

成果が出ない方の理由は主に2つあります

  • 根本的にやり方を間違えている
  • 成果が出るまでにあきらめる

根本的にやり方を間違えているという状態は調べたり、人に聞けば解決することができます。しかし、やり方を知っても途中であきらめると成果は出ません。こちらの方が非常に多い印象です。

今回私も2週間で区切っていたので、「成果が出るまでにあきらめる」という方にあてはまりそうだったのですが、何とか成果を出すことができました。本来は期間で区切るのではなく目標金額などで区切る方が良いでしょう。

人間バカではないですから行動と改善は誰でもできます。幼稚園ぐらいの子供でも自転車が乗れるようになりますよね。

一発でうまくいくことはほとんどありませんから改善を繰り返して理想の状態にもっていくのです。

何かをやり始めたらうだうだ言わずにやりきることだけ考えて進めた方が良いですね。

この記事がためになったらシェアしてください

Pocket

Social tagging:

Comments are closed.