アウトプットするほど成果は出る

Pocket

このブログはあまり更新していませんでしたが、今年に入ってから毎日ブログを書いています。

効率化などは一切考えずに1日平均10記事ぐらいは書いています

理由は単純で、その方が成果が出るからです。
今年新しく始めたブログで既に10個ほど商品が売れました。

これはまだまだ少ないのですが、なかなか売れず苦労している方からするとすごく感じるかもしれません。

昨年まではブログについて言えば、一度ある程度記事を書いたら放置とまではいきませんが、思いついたときにブログ書こうというぐらいの感覚でアウトプットしていたので、たかがしれてる成果しかありませんでした。

何かを始めたときにやり方がわからないという状況はありますが、調べたり誰かに聞けばわかりますよね。

でも方法を知っても何もしていなかったら1ミリも前に進んでいません。インプットは外部には何も影響を与えないのです。

少しでも方法を知ってから成果が出ずにやり方が間違っているんじゃないかと悩むのは、ほとんどアウトプットが不足しているからという理由です。
本当に典型的と言っても良いぐらいよく見ています。

成果が出るほど動かずに成果が出るのを待っている状態です。
これって絶対に成果出ないんですよね。

成果が出なかったら30〜40サイト作っても良いのではないかと思います。

とにかく手を動かしてアウトプットをしましょう。

SEOやLPOなど難しいことは抜きにして、
インターネット上に10ページある人と10000ページある人なら、
後者の方が人に接触する確率は高くなるので成果が出やすいです

しかも、インターネットはロングテールで拾われる可能性もあります。

だからアウトプットするほど成果が出るのです。

この記事がためになったらシェアしてください。

Pocket

Social tagging:

Comments are closed.