能力差は言い訳にすぎない

Pocket

performance photo

私が昔から思ってることの一つに
能力差は言い訳にすぎないというのがあります。

いつでも能力は補えるからです。

金なしコネなし学歴なしで〜という
キャッチフレーズがある書籍もたまに見かけます。

多くの人が普通そんな人がうまくいくはずがないと考えるのに成功しているわけです。

あたかもすごいテクニックを見つけたかのように書かれていることがありますが、
裏で大概懸命に努力しているわけです。

言い換えれば、それまでの自分にない能力を身につけて、能力を高めたということです。
そりゃそうですよね、何もなくて大した努力もしなければ想像の範囲内のストーリーで終わりです。

能力差は努力すれば補える

生まれたときからあなたが欲しがっている知識をもっている子供はいないのですから。

というわけで、何もなしでも成功できるんだという考えは甘いですが、足りない分を補うことができれば成功できると考えておくと良いですね。

頭が良くないからとか過去に経験がないから無理なのではなく、能力を高めることに時間を割けばできるようになります。
自己投資をして補うのでも良いですし、誰かに頼んで補うのでも良いでしょう。

言い訳は考えずにどうすればできるようになるかを考えて行動しましょう。

この記事がためになったらシェアしてください

Pocket

Social tagging:

Comments are closed.