計画の有無で成果は変わる

Pocket

このところ成果の話ばかりになっていますが、
成果を出してほしい方が多いからです。

私は先月の成果は先々月と比べて3倍になりました。

成果を出すには努力は必要です。
でも間違った方向に進んでいても成果は伸びません。

その間違った方向に進まないようにするには計画が必要です。

例えばいろいろ考えた結果、あるジャンルで1日に10記事書けば良いとわかったとしましょう。

そうすれば1日のどのタイミングで時間を割いて記事を書けば10記事になるのか計画を立てるべきなのです。

最初のうちは見積もりに間違いがあるかもしれませんが、慣れたら見積もりの精度も上がります。

10記事書くのにどう時間を作るかあらかじめ計画しておらず、
脱線したり、他の予定に埋め尽くされて全然記事を書けていない人を多く見ています。

それで頑張ってるんですと言われても、正直記事を書くことをなめてますよね。
やることやってないので全然足りないです。

小さな目標も達成できなければ大きな目標は達成できません。

逆に考えれば小さな目標を達成できれば大きな目標も達成できるので、
小さなことをおろそかにしない人の方が確率は上がるので、できる人はお得ですよ。

この記事がためになったらシェアしてください

Pocket

Comments are closed.