結果を出したければ締切設定が第一

Pocket

time photo

タイトルで全て伝えきってしまった感じがしますが、
「こうなりたい」と決めたら締切設定をすることが第一だなと感じています。
時間がかかるものとわかっているのに3日後!とか無茶な締め切りではなく、現実的な締切設定です。

逆に締め切りを決めずに何かを継続して学んでも結果が見えないので、やった風になっただけで実際能力は大して上がりません。
これはかなり時間がもったいないです。

期日を決めて、達成するために実行&調整でどのくらい行動するべきなのかペースを作ると早く結果に結び付きます。

悪い結果になるのが怖くて、締切を決められない方もいると思います。
しかし結果が悪くても誰かに怒られるわけでもなく自分が悪いだけで、それを踏まえて改善すれば良い話です。

3ヶ月後と6ヶ月後に設定する人がいたとして、3ヶ月で結果が出せる可能性があるのであれば、
小さいことは気にせず3ヶ月で締め切りを決めた方が3ヶ月間という貴重な時間を無駄にせずに済みます。

つい先日私もTOEICの勉強をしていましたが、先に3ヶ月後と受験日程を決めました。

期日を決めるとダラダラしている暇はなくなります。
大学3年から英語の勉強をしておらず多少不安な気持ちもあったので、
仕事が終わってから時間を作って勉強をするようになりましたし、余暇の時間は減らしました。

そして今日結果発表でしたが、設定していた最低限の目標はクリアできたので満足しています。

「時間がない」と言うのは簡単なのですが、1日の持ち時間は皆24時間あって成果を出す人もいるので、
言い訳っぽくなってしまいがちな人はタイムマネジメントを学んで時間を作る工夫をすると良いと思います。

結果が必要なら自分に厳しくした方が効率的で良いですね。

Pocket

Social tagging:

Comments are closed.